過度の「褒め言葉」を、信用するな!自社の顧客にしたい思いが強すぎて、属性が良い悪いにかかわらず、お客様を持ち上げ、褒めちぎる!という、業者も多いようです。 その時は気分がいいかもしれないですすが、変に勘違いしてしまうと、厄介なことになりかねません。 自分が買える物件のグレードを勘違いしたり、利用できる金融機関に妙に期待を持ったり。。。自己資金なしで、1%台のメガバンクを使えるというのは非常に稀なケースです。 セミナーで聞いたとか、知り合いが利用しているからと、過度の期待を持って、利用金融機関を当たろうとすると、時間の無駄になるケースも数多く見受けられます。 物件にしても、同様で、 「自分はこんな物件が買える!」 「こんな物件を買わなきゃ!」 と思って、チャンスを逃してこられた方も多いはず。。。 それなりに良いものは、それなりの属性や資産背景、実績がある方が購入していかれます。 高望みをしすぎると、いつまでも買えないという事実。 不動産は、どんな物件でも、「ここが悪い!」と言える箇所が必ずいくつかあります。 つまり短所はあるわけです しかしながら長所ももちろんあります。 自分で、どう折り合いをつけるかバランス感覚も必要です